沿革

1970年
創業 陶磁器製造を開始

1975年
有限会社久保田稔製陶所 法人化 代表者 久保田 稔
磁器による大根おろし器、すり鉢、漬物鉢、レモン絞り器を開発しヒット商品に

1977年
セラミック分野の研究開発に着手

1986年
多孔質セラミックスを開発(セラミックコーヒーフィルター商品化)
負圧差潅水システム開発(特許取得)、同システム共同研究(佐賀大学、三菱化成)

1996年
科学技術庁長官賞受賞『多孔質セラミックスの開発とその応用』

1997年
現代表就任 久保田 剛、耐熱素材の開発

2003年
節水コマ開発 佐賀県トライアル発注採用

2006年
「SONZI」展開催 福岡アートディレクターズクラブ(F-ADC)との共同展示会

2007年
セラミックフィルターシンガポール輸出

2008年
自動給水植木鉢開発 佐賀県トライアル発注採用

2010年
スイスイプランターを電通九州と共同開発